Entries by James Jack

Art is a Priority! 13-27 Feb 2021 DMAC Island of Hawai‘i

  Excited to have my work featured in the 14th annual Art is a Priority! Online Art Auction to benefit the Donkey Mill Art Center happening February 13-27, 2021. All proceeds will go towards providing outstanding arts education and experiences to the community by an established arts organization. Visit https://bit.ly/annualartauction to register! Featured Artists: Clayton […]

Sea Birth three featured in Tropical Lab online

    Tropical Lab Alumni online showcase: James Jack Sea Birth three 2020 ‘Through the Sea Birth trilogy, Jack draws upon the maritime history of Okinawa, where the islands’ folklore adds crucial perspectives often missing in current reporting of issues. In Sea Birth three, the final part of the trilogy, the painting sets the scene […]

Fujinoyama Biennale 24 Oct – 23 Nov 2020 Shizuoka, Japan

Fujinoyama Biennale 2020 24 October – 23 November 2020 James JACK Loving Mountains: A Guide for Dismantling Intervention 「山を慈しんでいる:介入を取り除くための手引き」 会場         旧五十嵐邸歯科医院 /蒲原エリア >>   ジェームス・ジャックは、世界中に存在する社会とエコロジー(生態系)の関係を再生することに関心を持ち、各地で活動をしています。今回彼は、かつて富士山頂に建てられていた測候所のレーダードームが撤去されたという出来事に着目し、そこにハワイ島 のマウナケア山の姿を重ねました。この複数の場にまつわる新たなインスタレーションは、“ここ”と“そこ”の両方を癒し、地球のこころを覗きこむ空間をひらきます。 「神聖な山」として地元の人々の信仰の対象であるマウナケア山は、天体観測に好条件であるため、現在13台の天文観測所が建設されています。そして今、新たに世界一巨大な天文台を建てようとしており、それに対して自然と文化を守るための市民運動が起こっています。 コロナ禍で今年1月以降来日が叶わなくなった作家は、「人間が行動を控えることによって地球の空気・海・自然が復活している場所は非常に多くある」と言っています。数年前に静岡での環境アートワークショップと去年富士市の視察の延長線上で、富士山で起きた出来事についてオンラインでのインタビュー、文献、オーラルヒストリーの調査などを続け、専門家への質問や住民への聞き取りによってリサーチを進めました。 今日我々人類が山や、水の流れ、地層といった生態系に対して押し付けているもの。その介入を取り除く手引きを提示するために、この作品では山の持つ大きな歴史の周縁にある、ローカルな出来事に目を向けます。富士山とマウナケア山、山と人、歴史と現在、複数の視点を重ね、つなげていきながら、山を慈しむことを表現することができます。   http://fujinoyama-biennale.com Shizuoka, Japan   座談会 人間、人間を超えて、山や大地を慈しむため 介入が減ることを通じた復活するものについて考える ジェームズ・ジャックの「山を慈しんでいる:介入を取り除くための手引き」作品のインスタレーション風景2020年   富士の山ビエンナーレでの座談会 2020年11月22(日曜) 13時半―15時半 120分程度の対話   オンライン自由参加(無料)   Z O O Mのリンクはこちら   座談会概要 人間は自然環境の中で生きているが「これまで人間社会がおこなってきた自然への介入行為を、いかに解消していくか」と言う点について考えていきます。今年はコロナの影響もあり、そのような人と環境の関係性について再考をする年であると言われています。コロナ禍の状況は「Anthropause(人類の一時停止)」を引き起こしており、それは現代社会を象徴する厄災であり、科学研究、文化実践、社会運動などの分野でもこの状況を通じて深く考え、広い学びの機会となるでしょう。 もし仮に、山が大学であれば、そこではどんな学びができるでしょうか。ここで静岡の地域をはじめ他の場所も含めて、様々な研究者、キュレーター、N P […]

“Dirt x (irl+url) = ?” WDA collective exhibit

World Dirt Association Dirt x (irl+url)= ? 31 October – 11 November 2020 ART FOR THOUGHT Ginza, Tokyo World Dirt Association deconstructs images of things by transforming dirt into material. In this work dirt from the exhibition site in Ginza will be central along with other places where the scent, color, shape of dirt experienced […]

“The Shape of the Sky” exhibition 5-27 September 2020 Singapore

The Shape of the Sky creates a collective space for sharing stories of past traditions alongside contemporary enquires of how we can navigate with the sea as a centre. Islanders’ oral histories focus on the abundance of natural resources, methods of a sharing economy and wisdom obtained from ancestral knowledge. Published lies have damaged islands with […]

“Whisper of History” live artist talk @NUS Museum

“Some things are too sacred for images, other things are waiting to be imagined.”   In Conversation with James Jack James Jack’s practice revolves around creating socially engaged art works. In this conversation, he traces his practice spanning works using dirt from the Cu Chi tunnels, to social activism in Okinawa, focusing on how soil […]